スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3次元CAD PRO/E 勾配を付ける3 

3次元CAD PRO/E
勾配を付けるの3回目
勾配の基準を換えてみます。前回事前に作成したカーブを使います。
基準を換えるために、モデルツリーの"ドラフト”を選択(ネガ反転させ)マウス右クリック長押しでメニューが現れます。
勾配21

メニューの”定義を編集”を選ぶと、勾配設定時の画面に切り替わります。
そこで”ドラフトヒンジ”横の窓赤矢印をクリックします。現在の基準である底辺が赤反転します。
勾配22

 中央の水平ラインを選ぶと赤反転して、変更後の仮想面が黄色枠で示されるます。思惑通りだと確定します。
勾配23

新たに中央水平ライン基準で勾配が付いたので、曲線カーブの左半分は立体に埋もれ見えません。
(表示が”シェード”だと立体内の”カーブ”は見えなくなります。)
勾配24

同じ要領で、曲線カーブを基準に換えて見ると
勾配25
勾配26

カーブが中央水平ラインより上方となる右半分で、中央ラインが埋もれてしまいます。それと、基準ラインがカーブして上下に変化するので、勾配面の上辺、底辺とも曲線に切り替わっているのが解ります。赤矢印

スポンサーサイト

コメント

どうもこんにちは!
いろんなブログを応援させていただいています。
応援ポチッ!

Googleの広告もお願いします。

ポルコさん来場ありがとうございます。
今度いらっしゃった際には、ポチッとついでにGoogleの広告もクリックお願いします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yamatokensyou.blog102.fc2.com/tb.php/19-f849cfa4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。